エゴイプセビライズの副作用

エゴイプセビライズは安全?成分効果と副作用の危険性を解析してみた!

 

この記事ではエゴイプセビライズの副作用についてまとめています。

 

エゴイプセビライズに使われている成分の効果・副作用の危険性を調査してみましたが、結論から言うとエゴイプセビライズは非常に安全性の高い美容液だと分かりました。

 

安全性を確認できればOK!という人はエゴイプセビライズの公式サイトを、使われている成分についてしっかり確認したい人はこの記事をチェックしておきましょう!

 

 

成分名 効果 副作用の危険性
生物には欠かせないものであり、人間の身体は約6割が水分で構成されています。
BG 保湿効果とともに防腐効果を得る目的で使用されています。
ペンチレングリコール 水分を包み込むことで保湿に作用します。
PEG/PPG/ポリブチレングリコール―8/5/3グリセリン 保湿効果があります。また、成分を溶かす目的でも使用されています。
ヒトオリゴペプチド―1 皮膚を新しく作り出す細胞を成長させる成分です。
ヒトオリゴペプチド―5 毛髪を成長させるのに役立ちます
ヒト脂肪細胞順化培養液エキス 肌の細胞そのものを活性化する成分です。
カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル 酸化を防止する役割や保水をする役割があります。
プラセンタエキス アンチエイジング効果があると人気の成分です。
トコフェリルリン酸Na 肌へ紫外線が与えるダメージを防ぐ作用があります。
グリチルリチン酸2K 抗アレルギー作用・ニキビ改善効果があります。
アラントイン 炎症を抑えます。
オタネニンジン根エキス 新陳代謝や血行を良くします。
ソメイヨシノ葉エキス シミやくすみを防止します。肌に透明感を与えます。
ヘキシル3―グリセリルアスコルビン酸 色素沈着を予防します。
アルブチン メラニンを必要以上に作らせず、美白に効果があります。
クチナシ果実エキス 色素沈着を防ぎます。炎症を抑えます。
ローマカミツレ花エキス 薬草として古来より重宝されてきた成分。抗炎症効果があります。
チョウマメ花エキス エストロゲンと似たような働きをし、酸化を防ぎます。
ヤグルマギク花エキス 炎症を抑え、肌を収れんします。
セラミドEOP 肌の水分を保持し、バリア機能を高める成分です。
セラミドNP 年齢を重ねるごとに減少する成分ですが、きちんと補うことで肌の水分が保たれます。
セラミドAP 肌の水分を保ちます。肌のターンオーバーを促します。
フィトスフィンゴシン ニキビを防ぎます。抗老化作用があります。
ヒアルロン酸Na 水を肌に保持することが出来る成分です。
PCA アミノ酸代謝物であり、保湿力があります。
PCA―Na 保湿剤として用いられています。
アラニン 身体に必要な糖を合成します。肝機能を高めます。
アルギニン 乾燥や肌荒れを防ぎます。
アスパラギン酸 全身にミネラルを届ける成分です。
イソロイシン 血糖値の上昇を抑えます。
グリシン 血管を広げることで、肌の表面温度を上げることが出来ます。
セリン 保湿成分として配合されることも多いです。
トレオニン 新陳代謝を促す成分です。
バリン たんぱく質を合成します。
ヒスチジン 抗ストレス作用があります。
フェニルアラニン 神経伝達物質を生成します。
プロリン コラーゲンの原料となる成分です。
乳酸 ピーリング効果とともに収れん効果もあります。
乳酸Na 非常に高い保湿力を誇ります。
リンゴ酸 ピーリング効果が得られます。
グリセリン 保湿成分として数多くの化粧品に配合されている成分です。
(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル―10 ベタツキを抑えます。肌のツッパリ感を感じさせにくい成分です。
オリーブ果実油 肌を柔らかくします。
コレステロール 肌荒れを回復させる成分です。
(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル 乳化剤として使用されている成分です。
1,2-ヘキサンジオール 肌を柔軟にし、保湿する成分です。
カプリリルグリコール 肌の水分量をアップさせます。皮膚を柔軟に保ちます。
ポリソルベート60 界面活性剤として配合されています。
PPG-13デシルテトラデセス―24 乳化剤として使用されています。
ラウロイルラクチレートNa 乳化安定剤です。
キサンタンガム 食品添加物として多くの食品でも使用されています。増粘作用が得られます。
カルボマー 増粘剤として配合されています。
トロポロン 炎症を抑えます。抗菌効果があります。
フェノキシエタノール 防腐剤として古くより使用されています。

 


エゴイプセビライズに使われている成分の効果と、その副作用の危険性を一覧でまとめました。

 

エゴイプセビライズには、副作用の危険性が高いような成分は使われていません。

 

フェノキシエタノールには副作用があると言われていますが、少量であれば問題は無いとされているので、それほど心配する必要は無いでしょう。

 

肌が弱くて副作用が気になる…という人は、少量でのパッチテストを行い、肌の反応を確かめてみて下さい。

 

エゴイプセビライズにはエタノール・旧表示指定成分・合成香料・合成着色料・パラベン・鉱物油などは使われていません。

 

また、公式サイト定期コースを利用すれば解約保証もありますので、肌への副作用が心配だとい人も、安心して使うことが出来るはずですよ!

 

page top